フィリピン流恋の手ほどき 2010年12月2日


最近は30代~40代の若い方や単身女性の退職ビザ取得者が目立つが、退職後、若い連れ添いを求めてフィリピンにやってくる熟年退職者も相変わらず少なくない。これらの方は何らかの事情でフィリピンとは縁が深く、フィリピーナの魅力にはまっている人たちだ。すでに連れ添いを見つけて退職ビザを申請する方や、これから見つけようと張り切っている方など様々だ。

 この春、退職ビザを取得したWさんも、現役時代に築き上げた財でフィリピンで充実した楽しい老後を過そうと期待に胸を膨らませてフィリピンにやってきた。ビザ申請中に色々リサーチを終え、半年後、本格的にフィリピンに住み始めたときはすでに連れ添いの候補者がいた。ご本人は独身なので結婚も視野に入れて彼女との将来を設計し、家族とも親しくなって、早くも1ヵ月後にはめでたく射落とすことが出来た。

 ビザの申請段階から、これからのフィリピン暮らしについて色々アドバイスしていた関係で、Wさんからは何かにつけてアドバイスを求められた。

CIMG3184s-1 (アンヘレスのクラブ・アトランティスは相変わらずの盛況だ。そろそろクリスマスの飾り付けが始まっている)

 彼女の仕事と家族の関係でアラバンに小さなコンドミニアムを買って、そこに一緒に暮らすことにしたいう話を聞いた。その時点では彼女とは深い関係にいたっておらず、会ったののもまだ数えるほどとのことだった。

1.アドバイス その1

 男と女の関係ほど危うくて当てにならないものは無い。仮にアラバンに住んだとして、彼女との仲が思惑通りに進まなかったら、あるいはまた、例えいい仲になったとしても、いつ壊れるかもしれない。そうしたら、アラバンに一人で暮らすつもりですか、夜遊びが好きなあなたに、そこの暮らしが耐えられますか。それが出来ないとすると、そのコンドミニアムを彼女にくれてやるか売りとばすしかないでしょう。そうなるとすべてを失うか、あるいは半値くらいで売れればオンの字ですよ。

 この話を聞いて、われに帰ったのか、Wさんは、即座に気が変って、マカティスクエア近辺のコンドミニアムを物色して住むことにした。彼女も納得し、めでたくLive In(同棲)生活が始まった。 

 CIMG3026s-1(アトランティスのショーはなかなか見ごたえがある。ショータイムは9時なので、それにあわせて行くことにしているが、その直前は風船飛ばしで盛り上がる)

 しばらくして、Wさんから会いたいとの話があって事務所で面会した。曰く、彼女と喧嘩をしてしまい、部屋に帰ってこない。喧嘩の原因は新居のHouse Warming Party(引っ越し祝い)をやることになり、彼女は妹を呼びたいと言い出した。そこでWさんは、以前、妹に会った時の印象が悪かったので、妹は呼びたくない、I am disgusted with her(彼女は大きらいだ)と言ってしまった。そうしたら彼女は自分の家族をそんな風に言われるなんて許せない、と怒ってしまった。Wさんとしては、辞書を調べて、軽い気持ちで、表現したつもりだったが、売り言葉に買い言葉で、お前なんかもう愛していない、とまで言ってしまい、喧嘩別れとなってしまったそうだ。 

CIMG3041s-1 CIMG3013s-1

(アトランティスの舞台と客席。両方ともいつも立錐の余地が無い)

2.アドバイス その2
 ちなみにDisgustという意味は「忌み嫌う」、「反吐が出る」というような意味を含む「嫌い」だ。彼女の家族に対して、こんな言葉を使ったのでは相手が怒るは無理も無い。彼女とよりを戻したいのであれば、ひたすら謝るしかない。Disgustという意味を良く知らなかった、本当は愛しているんだ、とメールで謝罪して、さらにアラバンの実家を訪ねなさい。彼女がそこにいてもいなくても問題ではない。誠意を形で示すことが大切なのだ。それから、辞書でみただけの言葉をニュアンスも良く知らないで使わないこと。

 それから数日して、Wさんに道で出あったら、「仲直りできた」と、うれしそうな笑顔を見せてくれた。 

CIMG3182s-1(店はアトランティス以外にもたくさんある。それぞれ嗜好を凝らして客を呼んでいる)   

 それから1ヶ月ほどして神妙な顔をしてWさんが事務所を再度訪問した。またまた彼女が戻ってこないというのだ。出かけるときは普段と同じように抱き合ってキスをして出かけた。色々荷物が多いのは入院中の妹のところに泊まるためだと説明された。何故急にいなくなったのか、何故携帯に全く出ないのか訳がわからない。

 そこで色々聞いてみたら、その数日前に、こんな会話があったそうだ。2週間ほど夜の営みを拒否されるようになったので、文句を言った。夫婦になったら、妻が夫の要求に答えるのは当然の義務だ。こんな調子では結婚について考え直さなければならないし、別れるしかないだろう、と懇々と諭した。こんな会話の後でも彼女の態度はさほど変化はなかったが、数日して忽然と消えてしまった、という。 

CIMG2554s-1 CIMG2568s-1

(アンヘレスにはカウンターの前でビキニで踊るのが典型だ。アンヘレスの子はカメラを向けるとうれしそうにポーズをとってくれる)

3.アドバイス その3

  女性とつきあうのはセックスするためだ、なんて意味合いのことを、面と向って当の相手に言うなんて、最悪だ。それは女性蔑視と受け取られるし、例え本心はそうでも、そんなことは決して言ってはならない。相手が冷静だったのは、全く気持ちが冷めてしまったか、2週間もの間、Wさんを遠ざけたのは、すでに嫌気がさしていたのかもしれない。そんな相手に真っ向からこんな言葉をぶつけたのでは、関係の修復は難しいかもしれない。しかも、いつもと同じ調子で出かけて言ったということは、彼女は冷静に状況を見つめ決断したに違いない。Wんにまだ未練があるのであれば、あらゆる手を尽くしてコンタクトを試みることだ。ひょっとしたらもう一度チャンスをくれるかもしれない。しかしそれが最後のチャンスと認識して二人の関係を維持するように努めなければならない。そのためにはフィリピン人男性の女性への対応を良く学ぶべきだ。 

いくら年齢の差があろうが、仲むつまじく連れ添っていくためには、相手を尊敬してフィリピンの習慣を良く知って、自我を殺して対応しなければならない。上の事例は仮に相手が日本人だとしてもアウトだろうが、自尊心の高いフィリピン人には禁句中の禁句だ。もしフィリピン流に自己改革ができないとしたらフィリピンで恋をしようなどと思わないことだ。金で一夜の相手をしてくれるフィリピーナは行くところへ行けば山ほどいるのだから。 

Leave a comment

Your email address will not be published.