フィリピン暮らし ビザ 入国ビザ


入国ビザ(ENTRY VISAEO-21Visa)

 

フィリピン入国にあたって、帰りないし次の訪問国への航空券を所持し、かつ6ヶ月間有効のパスポートを持っていれば、30日間有効のビザが発行されます。ただし、入管の調査でブラックリストに名前が記載されていたり(同姓同名の人が記載されている場合、問題となることが多々あります)、なにか怪しげな風体をしていると入国を拒否される場合があります。特に最近は刺青をしていたり、やくざ風の場合、入国拒否の対象となります。

 

ビザの延長手続き

 

フィリピン滞在が30日を越える場合、ビザの延長が必要です。マカティあるいはイントラムロスの近くの入管本庁に出向いて、申請することにより、その場で延長ができます。トラベルエージェント等に依頼すれば本人が出向く必要はありません。申請料は3000ペソ程度ですが、パスポートを忘れずに持参してください。延長は29日間、合計で入国より59日間有効のビザが発行されます。2ヶ月毎に延長することにより最長2年間の滞在が可能です(延長申請料は毎回異なりますが6ヶ月有効のビザも申請可能です)。最長3年間まで延長できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.