フィリピン料理Max’sレストラン 2010年2月3日


Max’sレストラン・チェーンはフィリピン料理専門店としてフィリピン最大のチェーンで、マニラのみならず全国展開をしている。料理は伝統的なフィリピン料理で、フィリピン料理を試してみたかったら、ここで食べれば間違いない。このほかにも有名なフィリピン料理の店としては、カマヤン(手食)、アリストクラット(高級)、バリオ・フィエスタ(村祭)などがあるが、外人向けで少々高い。1945年創業のMax’sは今年で65年目を迎える老舗でもある。

CIMG8015s-4

フィリピンの味噌汁、シネガン・スープはすっぱい味がなんとも健康によさそうだ。この酸味はサンパロック(タマリン)の若い実をゆでてすったもので、サンパロックのほかにもグアバやミソの実を使ったシネガンもある。具は豚肉、エビ、ラプラプなどの魚など色々だが、今日はちょっと変わった鮭のシネガンを注文した。右はカレカレ、フィリピンのカレーといったところだが、ピーナッツベースの味は少しも辛くなく、バゴオン(塩辛)をあえて食べる。

CIMG8016s-4 CIMG8017s-4

フィリピン人は案外豆腐を好んで食べる。熱い鉄板に載せて持ってくるのをシズリングといい、肉や魚のシズリング・ステーキがポピュラーだが、豆腐シズリングというのもある。これが案外美味だった。ちなみに朝早く、タホー、タホーといいながら、ステンレスの大きな容器を担いで歩いている人は、豆腐にシロップを混ぜて、510ペソで忙しいサラリーマンの朝食代わりに売っているのだ。右は最もポピュラーなフィリピン料理、パンシット・カントン(やきそば)だ。これにチョップソイ(野菜炒め)を頼んでおけば間違いないし、不足がちな野菜も取れる。

CIMG8018s-4 CIMG8019s-4

 フィリピン料理といえば、このほかに、クリスピー・パタ(豚足のから揚げ)やカルデレータ(牛肉などの柔らか煮、ソースかけ)、レチョン(子豚の丸焼き)などが有名だが、糖尿病の私にはちょっと手が出ない。しかし、取って置きはデザートのハロハロだ。かき氷の一種だが、アイスクリーム、プリン、三つ豆、寒天(ナタデココ)などできる限りの具材を入れてごちゃ混ぜにして食べるのがフィリピン式だ。これも糖尿病の私は分け前に預かることは出来なかった。CIMG8020s-4

Max’sの看板料理はチキンのから揚げで、一匹丸まるのから揚げがサイズにより300400ペソだ。その他の料理の値段は150300ペソ程度。3人で多めに頼んで飲み物、デザート込み1100ペソだった。(メニューは拡大して見てください)

CIMG8013 CIMG8010 CIMG8004 CIMG8003 CIMG8001 CIMG8022s-4

SMマカティの中にあるMax’sに行ったが、なかなか混雑している。一人や二人で食べている人もいて、気軽にフィリピン料理を楽しめる場所だ。

Leave a comment

Your email address will not be published.