雑記帳 フィリピンは、本当に危険な国?


保険金殺人、スクオーター、モスリム、NPA、等々、フィリピンのイメージを悪くする言葉があふれている。確かにこれらはすべて事実だろう。しかし、ここに生活する人々にとって、これらのことは、ほとんど無縁な他山の石なのだ。子殺し、家庭内暴力、少女監禁、通り魔殺人等々の言葉が日本のニュースで流れているが、ほとんどの日本人はニュースとして楽しみ、決して我がことだとは思っていないのと同じだ。

フィリピンは安全ですよと、いくら言っても、お住まいになるご本人が安心していられなければ、意味のないことだ。また、安全とはちょっとニュアンスが違うが、日本人が金銭的被害に遭う確立は相当高いようだ。しかし、日本人の不注意な言動が危険を呼ぶということが一番大きな問題なのだ。

フィリピンに安全にそして安心して住むには、まず第一にフィリピンの習慣を知らなければらない。そして危険なところや人には近づかないことだ。日本でも、やくざを怒鳴りつけたり、大金を持って歌舞伎町をうろうろしたりしたら、バカかと相手にされない。危険を感知する技を学ぶことだ。簡単に言えば、慣れるまでは信頼できるフィリピーノと一緒に行動することだ。

フィリピンで一番大事な習慣は、フィリピーノを人前で叱り付けたりバカにしたり、あるいは公衆の場で怒ったりしてはならないいうことだ。PRAにやってきてフィリピン人職員を怒鳴りつけたりしている人を見受けるが、そのような人はフィリピンに住む資格はない。直ちに国外追放になっても仕方がないことだ。我々退職者はフィリピンに住まわしてもらっているのだということを忘れてはならない。この国の人とは尊敬の念で接しなければいけないのだ。

ここでは、なぜ日本人が怒っているかということは問題ではないのだ。原因はフィリピーノ側にあろうが、その結果として、人前で叱責した、怒鳴ったという事実が問題なのだ。理解しにくいかもしれないが、これがフィリピン流の発想であり、フィリピンに住む上での鉄則なのだ。これが理解できない人には、どこに住もうが安心はない。逆にこれが実行できたら、どこに住もうが安心で安全だ。周りのフィリピーノが皆であなたを守ってくれる。そして、フィリピーノはなんて優しいんだろうと感激するのだ。

日本人が殺されたという件で、それにフィリピーノの奥さんが関わっているらしいという話を良く耳にする。一番親しくて、守ってくれるはずの奥さんが殺しに関わっているというのだ。その時私は、その奥さんの長年にわたる悲痛な屈辱の歴史が伝わってくるような気がする。さぞ、日本人の夫による人前での叱責に耐え続けてきたのだろうと。

Leave a comment

Your email address will not be published.