フィリピンにクリスマスがやってくる 2009年12月8日


 9月ともなるフィリピンはクリスマスの準備が始まる。SeptemberOctoberNovemberそしてDecemberなど末尾にberつく月はもはやクリスマスシーズンなのだそうだ。街のあちらこちらにはクリスマスランタンを売る店が出る。近隣のブラカンやラグナからやってきたランタン業者だ。10002000ペソ程度のランタンは家の入り口に飾られクリスマスムードを盛り上げる。ランタン業者は1月になっても店じまいしないが、これは安くなったランタンを次のクリスマスのために買い求める客が少なからずいるためだ。大きな荷物を持ってふるさとへ帰り、来年まで在庫をかかえるよりも安値で売ってしまおうと業者の魂胆とが一致したものだ。

CIMG1800s-4CIMG1827s-4CIMG1838s-4   今年は9月末~10月初め立て続けに台風16(オンドイ)と17(ぺぺン)がフィリピンに甚大な被害をもたらし、その復旧もままならない状況においては、クリスマスの飾り付けを差し控える風潮が強い。退職庁でもクリスマスパーティを取りやめ、代わりにチャリティ活動を行なうという謹慎ぶりだ。街の飾りつけも大げさなデコレーションをやめ、キリストの生誕などを模した飾り付けが多い。

 パシフィック・スタービルの前の飾りつけ。

CIMG2319s-4パスコが入るGMA LOUBEL Plazaビルの飾りつけ。

CIMG2369s-4CIMG2370s-4  下の写真はバギオの高級ホテル、マノールのロビーの飾りつけ、とモール・オブ・エイシアのクリスマスツリーだ。やはり商業施設はそこそこの飾りつけは欠かせないようだ。

 CIMG2115s-4 CIMG2114s-4 CIMG2171s-4 CIMG2173s-4

 パサイ通りの民芸品店のバリクバヤンの飾りつけ、大きなランタンとキリストの像がセンス良く飾りつけられていた。

CIMG0303s-4

Leave a comment

Your email address will not be published.