フィリピンでもタバコの値段が大幅上昇 2011年2月17日


私は節煙のためにタバコは箱で買わずにサリサリや街のベンダー(売り子)から1本づつ買うことにしている。それが1月早々から、1本2.5ペソが3ペソと、20%もアップしたのだ。ちなみにサリサリでは1本2ペソが、2.5ペソに上がった。しかしサリサリによっては2.0ペソを未だに堅持している所もある。CIMG6709s-2 CIMG6554s-2

 ちなみにタバコの値段は買うところや買い方でまちまちだが、スーパーで買うのが一番安い。写真の10本入りのマーボロー・ライト・メンソールが20箱で 370ペソ、20本入りソフト・パック10箱で335ペソだ。この1月に約10%値上ったそうだが、市場は敏感に反応して20~25%の値上げに踏み切った。どこでも同じなので、きっと街のタバコ・ベンダー組合(こんなものがあるはずないが)で決定したのだろう。彼らはスーパーで1カートン200本を335ペソで仕入れる。それを一本3ペソで売ると600ペソとなり、265ペソの儲けになる。悪くない商売だ。でも炎天下で一日中タバコを売るのも辛いだろうが。CIMG6566s-2 CIMG6564s-2

近所のサリサリは1本2ペソを維持しているが、そうなると1カートン200本売っても、たったの65ペソの利益だ。一方10本入り一箱は20ペソで、20箱売って利益はたったの30ペソ。20本入りは37ペソで、これも10箱売ってたったの35ペソのもうけ、まさに薄利で、庶民の味方だ。ちなみにコンビにでは10本入りが24ペソ、20本入りが40ペソでサリサリの倍以上の利益率だ。

ところで1カートン335ペソ、約650円という値段は先進国では一箱の値段だろう。フィリピンでは一箱たったの65円、日本の値段の15%程度で買えるのだ。味は日本で売っているのとそん色ない。ローカル・ブランドの安いのは、さらにこの半分くらいの値段だ。そうなると、日本の専売公社の利益と税金は売値の実に85%に上っていることになり、愛煙家は国家の財政に実に貢献していることになる。CIMG6689s-2 CIMG6688s-2

Leave a comment

Your email address will not be published.