スービックの櫻レストランの紹介 2011年2月24日


 オロンガポからスービックへ入るゲートは5つあるが、メインゲートあるいはマグサイサイゲートの近くにあるのが、和食レストラン「SAKURA、櫻」 だ。スービックのもう一つの本格的和食レストラン「SAGANO」に比べて見てくれは若干落ちるが、立派なレストランだ。

  メインゲートを入るとすぐに最近はやりのUKAY UKAYの屋台が並んでいる。スービックの中でもフィリピンの巷の雰囲気を出そうという嗜好だろう。衣類、バッグ、時計、靴、帽子など安い商品が豊富にお いてある。タクシーもその脇で客待ちをしているのでここまでくれば、足も食事も問題ない。

そこをすぎてメインストリートのリザール通りに出ると、そのはす向かいにTimes Square Cinemaがあり、その奥に「SAKURA」がある。ちょっとわかりにくくて、開店中なのかも定かではなかったが、きちんと営業していた。

定食類が300~400ペソ程度で、マカティ・スクエア近辺の和食レストランに比べて、少々割高だ。しかし、マニラから離れたこの場所で本格的日本料理が食べられるのだから、仕方がないだろう。味はしっかりと日本料理で、特にサラダはおいしかった。

メニューは豊富で、いつもながら、これしか客はいないのに、どうやってこれだけの材料を用意しておくのかと不思議に思う。メニューがポリ袋に入っていて反射して見難いが、我慢して見て欲しい。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.