シャングリラでブランチ(その3)2012年8月11日


しばらく外出の機会がなくストレスがたまっているKIANを連れて、久しぶりにシャングリラホテルのロビーでブランチとしゃれ込んだ。フィリピンで一番高いホテルとあって、いつ来てもロビーは立派で、中央の飾り付けに圧倒される。

KIANも入れて6人で、注文したのはクラブハウス サンドイッチ、クリスピー・パタ、パンシット・カントンの3人前、それにKIAN用のアイスクリームだけ。飲み物はなし。これで6人が腹いっぱいになる秘訣は、この無料のパンだ。

ホテル自慢のパンで、とてもおいしい。初参加の息子もびっくりしていた。これがお代わり自由だから、理論的には何か料理を一皿注文すれば、何人でも腹いっぱい食べられる。しかし、それはさすがに恥ずかしいので、人数の半分くらいは注文して取り繕う。グルメのKIANもこのパンには目がない。

CIMG3199s-4CIMG3196s-4

ホテルの顔はクラブハウス・サンドイッチだ。色々嗜好を凝らしてある。

CIMG3197s-4CIMG3188s-4

KIANは、クラブハウス・サンドイッチについてきたフレンチ・フライを独り占めする。

CIMG3198s-4CIMG3202s-4

フィリピン人の誰もが大好きなクリスピー・パタ。豚の足をカリカリに仕上げたフィリピンの代表料理だが、シャングリラのクリスピー・パタは格別にうまかった。皆パンをたくさん食べたのでそろそろお腹がくちくなってきた。KIANも最近は白いご飯が大好きだ。

CIMG3203s-4CIMG3195s-4

とどめはパンシットカントン。これもフィリピン料理の代表だ。具も色々入って、豪勢だ。特に白いせんべいにKIANが夢中になった。

CIMG3204s-4CIMG3213s-4

仕上げはアイスクリームだが、腹が一杯になったKIANはホテルの中を走り回っていて、このアイスクリームは私と息子の腹に納まった。

CIMG3211s-4CIMG3217s-4

広々としたロビーが気に入ったKIANはピアノをたたいたり、水槽の魚になったつもりで泳ぐまねをして、おおはしゃぎだ。小一時間ロビーを遊び場にしてご機嫌のKIAN

大人4人、子供2人、6人がたっぷり食べて、〆て2200ペソ。これだけの豪華な場所で食事して、まさにリーゾナブルと言えるだろう。

Leave a comment

Your email address will not be published.