サロン・デ・パスコ開所式2009年3月19日


 サロン・デ・パスコの開所式を15人の招待客を向かえ、盛大に()執り行った。3時からの予定だったが、料理の準備が遅れ、4時近くになって開始されたが、日本人の招待客のほとんどは3時前に姿を見せ、フィリピンの生活についての話題に花を咲かせていた。
 
CIMG7431s-4特に、この日の朝、ロングスティ財団から届いた「ロングスティ海外サロン」の認定証を紹介するとともに518日に東京で行なわれる「フィリピンセミナー」にロングスティアドバイザーの勉強会「査証の詳細セミナー」に小職が講師として招かれたことなどタイミングよく紹介することができた。今後、このサロンが日本人ロングスティヤーのゲートとしておおいに利用されることが期待される。
CIMG7436s-4

この日、何よりもうれしかったのは、元PRAの副長官のマルセロ氏が何の予告もなしに姿を現したことだ。マルセロ氏は小職のPRAジャパンデスク時代にボスだった人で、日本からより多くの退職者を招聘するためにどのようなサービスの改善が必要かなど話し合い、日夜励んだものだった。 そもそも退職者のたまり場、情報交換の場として発足したものだから、特に儀礼的なものは無しで、皆さん料理や飲み物を楽しみながら時をすごされた。

CIMG7434s-4 パラニャケにご在住の日本人は、退職者の死後、SRRV用の定期預金やフィリピンの財産はどうなるのか、遺言書はどこまで有効で間違いのない遺言書はどうやって作成・保管できるかというテーマで、夜の8時まで熱心に相談されていった。今後、この問題が重要になると現在鋭意研究中のテーマだけに興味ある話題だった。

 CIMG7437s-4 さらに介護施設「アモーレの里」の運営を始めようとされている岸田さんは、認知症の入居者の支払いや財産管理をいかに引き受けるかなど銀行などと詰めているそうで、介護を必要とされている方が安心してフィリピンで過ごすことができるシステムの構築が急がれる。

Leave a comment

Your email address will not be published.