雑記帳 世界の介護の助っ人ケアギバー(介護士)


日本とフィリピン間の経済連携協定(EPA)/自由貿易協定(FTA)の締結によりフィリピン人介護士が日本で就労することが可能になると期待されて、はや数年の歳月が経ってしまった。一方日本での介護士の不足、質の低下が叫ばれて久しく、多くの介護施設がフィリピン等からの介護士の派遣を待ち望んでいる。2007年9月現在、フィリピンの議会でようやく議論がはじまったが、その批准には遠い道のりがあるようだ。

日本の介護現場の状況は悲惨なものがある。日本の経済の立ち直りの影響で介護の現場を離れ他の職につく若者が激増しているそうだ。まるで3Kの現場で安い賃金で働くことに若者が嫌気をさしているのだ。介護士不足に対して介護を必要とするお年よりは増え続ける一方で、これは誰にも止めることはできない。人手に頼るしかない介護の現場では、数十人のお年寄りの世話を夜間はたったの一人か二人でしなければならない。だからお年よりいじめが発生してしまうのだ。日本が今後数十万人単位で介護士を海外から受け入れなければ介護制度そのものが破綻することは火を見るよりも明らかだ。

FTAによるとまず、800人の看護士/介護士を受け入れるものとし、資格は4年生の大学を出て、看護士あるいは介護士の資格を持っていて、さらに日本語検定2級の資格に合格しなければならない。そして日本に研修生として派遣され、2年以内に日本語の看護士あるいは介護士試験に合格することが条件だそうだ。日本語検定2級といえばフィリピンでは日本語の先生ができるほど。さらに日本語で資格試験に合格するということは読み書きもすらすらできなければならない。これがどれだけ高いハードルであるか容易に想像できると思う。

CIMG9092s

フィリピン人介護士の卵たち

当地で介護士といえばメイド/ヤヤ(子守)と看護士の中間的存在で、家庭に入り込んでお年寄りの食事の世話から掃除から簡単な医療行為まで何でもする。したがって、高校を出て、なにか専門的知識を身につけようとする若者が、6ヶ月間のトレーニングを経てとることができる資格だ。大学卒の介護士はほとんどいない。しかも大学を出た人はこのようなメイドのような仕事はやりたがらない。FTAの要求する大卒、日本語検定2級、日本語の資格試験等々の条件がフィリピンの介護士養成の現状といかに乖離しているかということだ。一方、お年寄りの世話をするのにそんなに高度な知識なり学歴がいるのだろうか。私はハートさえあれば誰でもできると思うのだ。現にフィリピン人は小さいときかから、家族の赤ちゃんやお年寄りを、愛情を持って世話してきており、天性の介護士なのだ。

CIMG9093s

訓練を受ける介護士の卵

2005年の春POEA(フィリピン海外雇用庁)のNo.2のディムソン氏と対談した折、日本政府は政府対政府のアレンジで介護士を受け入れることを強調しているのとことだった。それはジャパユキさんの受け入れがやくざの大きな資金源になったことの反省から来ているものと推察される。介護士や看護婦など天使の職業が日本の裏社会とつながっていたとあったのでは、国際社会になんとも顔向けでいないというのは理解できるところだ。しかしながら、フィリピンの事情を知っているものにとっては、日本政府の示した条件がいかに現実離れしていて、実質的にフィリピン人介護士をシャットアウトしようとしていると受け止められてもいたしかたのないことだ。看護士組合の圧力だとか色々推察されるが、そんな流暢なことをいっていられる状況でないことは百も承知とも思うだが。

CIMG9094s

簡単な医療訓練も受ける

フィリピンには数百の介護学校が日夜介護士を要請しているといわれる。そして毎年数万人の介護士が生まれているのだ。そうなるとフィリピンにおける介護士の需要は大変なものだと思われるだろうが、逆にほとんどないのだ。フィリピンでは介護が必要なお年よりは家庭で面倒をみる。人手はいくらでもある。なくても月々数千円の安い賃金で人手が雇える。フィリピン人はお年寄りや赤ちゃん、そして弱いものを深い愛情でいたわるので、フィリピンには介護施設がほとんど必要ないのだ。それではなぜフィリピンには介護学校がこんなにあるのだろうか。それは例のOFW(海外出稼ぎ労働者)の一環として、介護士の資格を引っさげてより良い条件で海外に向おうという魂胆なのだ。

CIMG9091s

介護学校のマネージャーのTeeさん

ちなみにカナダでは2年間カナダで介護士の仕事をすると永住権が与えられるという。イギリスでは6ヵ月後には子供を同伴することができて、しかも子供の学費は全額免除されるそうだ。このように先進各国ではあの手この手でフィリピン人介護士を獲得しようとしている。それに対して日本の対応はいかがだろうか。やがてFTAが締結されたとしても、日本へ向う介護士は皆無ではないだろうかか。大学を出て日本語がぺらぺらだったら、何も安月給で3Kの介護士をやっていなくてもいくらでも他に就職先はある。

CIMG9098s

授業風景

こんな状況だから、日本で質の高い介護を受けるなどということは早晩ありえないということになるだろう。そうなったら、フィリピンにやってきて現地直売のサービスを受けることだ。そのためには元気なうちにフィリピンにやってきて、そのときに備えることが肝要かと思う。あるいは介護が必要なお年寄りを抱えていたら皆でフィリピンに来て、介護をフィリピン人介護士に任せて、自分たちは第2の人生を楽しむというのはいかがだろうか。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.