クレジットカード利用の顛末 2019年8月25日


懇意にしているバンクオブコマースの支店長ケイトさんにクレジットカードを作らないかと勧められた。即座に私は、お金の管理が混乱するからクレジットカードは持たない主義で、”I don’t need it”と告げた。そうしたらケイトはすかさず ”I need it”と切り替えしてきた。日ごろお世話になっているケイトさんが、成績のために必要なのだろうと察して、即座にOKをだした。プラチナカードなので年会費はいらないそうだし、航空チケットを買うときには役に立ちそう、他には使わなければいだけの話だ。

20年近く手にすることのなかったクレジットカードをついに持つ羽目になってしまった

しかし敵もさるもので、最初の一月に15000ペソ使うと、7000ペソの時計専用の商品券がついてくるという(8月31日で終了)。「15000ペソなんか簡単さ」と言ったら、傍にいた口座開設係のエルザさんが「すごーい」と感嘆の声をあげて少し良い気分になった。ソール・ガルビに毎週2回行って、毎回1300ペソ払えば1万ペソ、それに他のレストランもカードで支払えば特に別途の出費無しに大丈夫なはずだ(この時点ではソールガルビが現金払いのみ、ということを知らなかった)。

7000ペソの商品券。15000ペソの出費で7000ペソのゲインはちょっとしたもんだ

そうしたら、ケイトとエルザが、7000ペソの商品券が手に入ったら私たちに時計を一個ずつプレゼントして頂戴とねだってきた。一個、1,000ペソも払えば買えるという。これも簡単に請け負ってしまった。まあ、 どうせあぶく銭だから、半分は彼らにやって、キアンとクッキーにも買ってやろうという思惑だが、銀行員とは思えぬ荒業だ。

MOAの一階、マニラ湾に面したRICO’Sという店はパパ・カーネルが部下を連れてよくお邪魔する店。典型的フィリピン料理だが、うまくて安いというが、なんて長細い店と感心する。それから床がすべってころびそうになったが、私がクレジットカードで買った新しいサンダルがいけないのか、床がいけないのか確かめることはできなかった

そこで思ったのが、かなりくたびれた靴が一足しかないので、靴を買おうということだ。カードが手に入ったところで、早速、ジェーンらとSMデパートに出かけて行った。現金が要らないと思うと気が大きくなって、靴と高級サンダルで計1万ペソの買い物をしてしまい、さらに出産をひかえたジェーンの赤ちゃんの衣類、総計15000ペソを一気に達成してしまった。

好物のシッチャロンブラクラクを豪快にほおばるクッキー、お相伴したら確かにうまかった

さて、どうやって商品券をもらったらいいのかわからない。ケイトに聞くと顧顧客係に電話をすればいいという。しかし、この手の電話は自動応答で、あっちこっちにたらいまわしになって、いつまでもたどり着けないので常だ。そこでケイトに任せて、後は寝てまてを決め込んだ。

長細い RICO’S を抜けた2階には「相撲肉」などと訳のわからない名前の店があった。しかし食べ放題となると即行列が出来ており、だからこそフィリピンはおデブさんで埋め尽くされてしまうのだ

そうしたら案外早く、一週間くらいで届いた。その旨をジェーンに告げると、早速その晩、SMデパート、しかもMOA(Mall of Asia)行きの提案があった。ジェーンはことのほかSM-MOAが好きで、明日(水曜)の祝日にしようというのに今から行くといいだしたのだ。よくよく考えてみるとパサイ警察署が近いので、SM-MOA=亭主の勤め先の庭先なのだ。ちなみにMOAはパサイ市でカーネルの管轄だ。

高級腕時計を手に入れてご機嫌のキアン

まずは食事をとって指定された時計屋(Watch Republic)に行くと、私にはほとんど馴染みのない高級店だ。しかも正札も無くて、ケイトやエルザにプレゼントする1,000ペソ程度の時計は探しようも無い。さらにTimexに行っても同様であきらめて値段を聞くとどれも4000ペソ以上でしかも割引価格のものは買えないとのこと。

キアンが早く時計が読めるようにと、あえてアナログにした

あきらめてキアンの時計のみ6990ペソで買うことにした。ラッキーなのはキアンで、高級腕時計を手に入れてしまったのだ。こうなると少なくとも大学を終えるまで使ってほしいと願う。因みに私は、シチズンの安物を28年つかっているから、不可能な話ではないはずだ。そしてケイトとエルザにどう言い訳をするかだ。

「How about me?」と不満をあらわにしていたクッキーはTIMEXの袋でキアンに襲いかかる。こうなるとカシオのBaby Gで買ってやらねばなるまい。クレジットカードも高いものにつきそうだ

Leave a comment

Your email address will not be published.