カーネル一家念願の札幌旅行に同行(その8千歳ー東京ーマニラ)2019年2月25日 2


いよいよ帰国の時がやってきた。しわすの12月29日(土)と30日(日)とあって、どこもかしこも人でいっぱいだった。千歳のホテルから空港まではほんの一駅程度で空港の中までJRが乗り入れているので、朝はゆっくりでかけた。しかし、空港内の混在は半端ではなかった。

千歳線は15分おきに千歳空港へ向う
写真で見るとさほどでもないがチェックインに間に合うのかと心配されるような人人だった

千歳空港付近はうっすらと雪に覆われていた。空から見る雪景色は初めてのような気がする。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6626.jpg
飛行機の窓からながめる北海道の雪景色、これで見納めだ

着陸ちかくになって、一瞬何故、窓からスカイツリーが見えるのか不思議に思ったが、しばらく考えてわかったのは成田ではなくて羽田に下りようとしていたからなのだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6638.jpg
東京の景色を空から眺めるのは初めてのよう気がする

モノレールから山手線に乗り換えて、上野で降りて京成上野駅前のホテルに向った。どうやって行ったらいいのかわからないでうろうろしていると西郷さんの銅像にぶつかった。まさに大河ドラマの主人公がそこにいたのだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6656.jpg
子供の頃に見た上野の西郷さんとは周囲の環境が大分違うような気がするが、移設されたのだろうか

ホテルで一息してお目当てのアメヤ横丁に向ったのだが、そこには予想外あるいは想定された光景が広がっていた。しばらく進むと、人ごみが激しくて前にも後ろにも進めなくなってしまったのだ。クッキーを連れたカーネルとジェーンを見失ってしまって、入り口まで戻ってようやく見つけた。アメヤ横丁と秋葉原は断念して、のぶ子さんとの会食に向かうことにした。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6659.jpg
一体ここがどこなのか、何でこんなに人がいるのか、まあ、キアンにとってはどうでもいいことだろうが
私にとってもはじめてアメヤ横丁でじっくり見たかったのだが、クッキーというお荷物のおかげで断念せざるをえなかった

ホテルニューオータニの久兵衛といえば泣く子も黙る老舗寿司屋だ。のぶ子さんが、そこへ招待すると何年も前からの約束だった。しかし、黙っていないのがキアンだ。なんとキアンは日本食と聞いて、エビフライを注文したのだ。これには板前さんも面食らって、生きた海老を焼いて出してくれたのだが、キアンには物足りないようだった。

久兵衛 のカウンター席とのぶ子さんが強調していたが、こちらは値段のことばかりが気にかかる。今回が生涯で最初で最後だろう

ホテルに戻ると、カーネル夫妻は、これからお土産を買いに行く、近くにドンキホーテを見つけたと張り切っている。足手まといの二人の子供は私に預けて、出かけて行ったのだ、翌朝聞いてみると帰宅は12時を回っていたそうだ。せっかく2個のトランクを札幌に置き去りにしてきたのに、新たにトランク2個分のお土産をゲットしてきたのだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6673.jpg
携帯さえあれば、今の子供は満足で、親が出かけてしまっても文句はない。私としてはキアンに携帯を取られてやることがなぅ、さっさと寝てしまった

翌朝、京成電鉄の始発にのって成田へ向い、9時過ぎのJALでマニラへ。師走とあってまさにラッシュアワーの最中の帰還だった。

キアンはマニラに戻ってきて、それなりにフィリピンの雰囲気を感じ取っているようだ

Leave a comment

Your email address will not be published.

2 thoughts on “カーネル一家念願の札幌旅行に同行(その8千歳ー東京ーマニラ)2019年2月25日

  • スズキ

    楽しそうな北海道旅行でなによりです。
    アテキムは折角の北海道旅行に連れて行ってもらえなかったのですか

    • shiga Post author

      詳しい事情はわかりませんが、アテ・キムは現在、母方の実家に身を寄せているので、同行できませんでした。