カーネル一家念願の札幌旅行に同行(その2東京見物)2019年1月20日


早朝、成田空港から成田エクスプレスで東京に到着して、まず探したのは大量の荷物を預けるところだ。ロッカーのありかを聞いて行ってみても、全て使用済みのランプがついている。さらに地下にいくとびっくりするほど量のロッカー地帯を発見した。奥のほうにはまだ空きが大分あったので、ややこしい操作で戸惑ったが、 係の人に教わりながら なんとか三つの大型ロッカーに荷物をおさめることができた。これで身軽になっていよいよ東京見物だ。

東京の玄関、東京駅の威容はさすがだ。大きな広場に感激して写真を取り捲り、その場でせっせとスマホをいじっている。Face Bookに掲載しているようで、旅の様子をオンラインで中継しているのだ。

東京駅と皇居か、あるいは原宿と明治神宮かと決めていなかったのだが、この日は日曜なのに人が多い、さらに日の丸が掲揚されている。しばらく考えてみて気がついたのが、今日は天皇誕生日だったのだ。恥ずかしながらこのことを失念していた。

東京駅と書かれた石碑に腰かけて撮影をしていると、警備の人がやってきて、ここはベンチではありませんと小言をいわれた。日本は、なかなか礼儀作法に手厳しい

これは、皇居に入ることが出来る滅多に無いチャンスで、原宿/明治神宮の線は消えた。カーネル一家も天皇を拝めるということは大変な名誉だろう。私自身も始めての経験になる。

東京駅の写真撮影が一段落して皇居の方向に進むと、大勢の人が行列をなしていたが、どうやらが天皇の参詣のために皇居に向う人の列のようだ。沢山の警官も交通整理に余念がない。

クッキーは遅々として進まない行列に少々ご立腹の様子

しばらく進んで小雨が降り始めたが、列は一向に進まない。このままでは札幌行きの便に間に合わないと察して行列を離脱することにして、丸の内をぶらぶらして東京駅に戻った。

高層ビルを眺めるためなのか屋根の無い観光バス、高層ビル街ならではのものだが、冬はちょっと寒いのではないかと心配だ

東京駅のロッカー地帯に行って、再び大量の荷物を引き取って、これから山手線で浜松町、そして東京モノレールで羽田に向った。ロッカーはすでに使用済みで多くの人が列をなしていた。昼から東京見物の予定だったとしたらどうしようもないところだった。

大量の荷物を格闘しながら電車の乗り換えは容易ではない。最近でこそエレベーターやエスカレーターのない駅はないが、それがなかったらとっくにギブアップだった。クッキーも疲れてしっかりとお荷物となっている。

カーネル念願の東京見物も東京駅と皇居前で終わってしまったが、帰りの上野、秋葉原、アメヤ横丁などの下町見物に期待して欲しいところだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6212.jpg
羽田行きの東京モノレールで爆睡するクッキー、まさに恐れていた大型荷物ぶりを発揮している

Leave a comment

Your email address will not be published.