インターネットバンキングの勧め(バンク・オブ・コマース)2012年10月13日


パスコは退職ビザ申請に必要な定期預金の作成にもっぱらバンク・オブ・コマースを利用している。そのため、バンク・オブ・コマースに口座を維持している方が相当数にのぼっている。一方、そのまま何年もの間口座をほったらかしにしておいて、口座が凍結されたり、最低預金額を下回って口座維持手数料を徴収されたりする方が出ている。自分の口座であるかぎり、定期的に口座の状況を把握することに努めるべきだが、中々容易ではない。

 そこで登場するのがインターネットバンキングだ。日本ではほとんど当たり前になっているが、フィリピンでも普及が進んできている。バンク・オブ・コマースの場合、ネットバンキングの内容は口座残高の照会と同じ銀行内の預金の移動に限定されるが、それでもかなり有用だ。

 最近、ある退職者のネットバンキングの開設のお手伝いをしたのでその手順を記載する。詳細はバンク・オブ・コマースで配布している英語の説明書を参照。

①「www.bankcom.com.ph」にアクセスして、「personal E-banking」を選択する

②「log inページで、「now ! Click here」をクリック

 「User ID」と「Password」の入力は不要

③「Termas and Condition」で、「I Accept」をクリック

④「Online Enrolment Form」に必要事項を記入して、「Sbmit」をクリック

 TINについては外国人は適当な番号(例えば、123-456-789)を入力

銀行から「Agreement」を含む「Confirmation of Application for Enrollment」がE-mailで送られてくるので、プリントして全ページに署名して、原紙を銀行に提出する

⑥銀行から「User ID」と「PasswordE-mail」で受け取り、ログインする。

⑤の書類の提出は、他のバンク・オブ・コマースの支店でも可能だが、日本に在住するなどして、バンク・オブ・コマースを訪問できない場合は、パスコに郵送してもらい、代理で提出することも可能なので、代行サービスを申し込んで欲しい。

Leave a comment

Your email address will not be published.