ある退職者の災難の教訓(その5)出会い系サイトの落とし穴 2013年3月27日


先日、とある退職者の方から、「助けてください」題して、以下の内容のメールが舞い込んだ。

 {出会い系サイトで知り合ったフィリピーナからの借金の申し入れを断ったところ、「レイプで訴えてやる、そうしたら、あなたは一生刑務所から出れない。訴えられたくなかったら500 万ペソのお金をよこせ」、と脅迫された。大使館に相談したところ、「すぐに日本に帰ったほうが良い」とアドバイスされたので、翌日、日本に帰った。そうしたら、さらに、E-メールで、「警察に告訴して、警官と一緒にコンドミニアムに行ったが、本人がいないので、さらに大使館に行って、日本の居所を突き止めた」と言ってきた。さらにその後、女は方針を転換して「警官に嘘の告発をしたと脅されている。10万ペソを払わないと、自分が刑務所にへ入れられるから、なんとか助けて欲しい」と。送られてきたE-メールは数日の内に数十通に及び、一体何が本当で、嘘なのか、ほっておいて告訴されたら、一体自分はどうなってしまうのだろうか。}

 第3者から見ると、これはすべて女の狂言で金をせしめるための作り事であることは、十中八九間違いない。しかし、件の男性は、女の狂言よりも、もしも悪徳警官の存在が本当であるならばどうしようと、心配でならない。

 当方のアドバイスは下記の通りだ。

① 日本にいる限り、たとえ告訴されたとしても、被告がフィリピンに存在しないので、裁判が成り立たない。だから安心していてよい

② 例えでっち上げでも、告訴してきた女を、警察が脅してお金を取るようなことはありえない

③ 女からのメールに対しては、絶対に返事をしてはいけない。無しのつぶてが一番の作戦だ

無垢なフィリピンーナをゲットしたいというのは男の夢かも知れないが、そこにはおおきな落とし穴が待っている

 そして、当方としては下記の作戦で臨むことにした。女、そして悪徳警官(がもしいるとしたら)の双方を同時に封じ込める作戦だ。

① 警官の脅迫から女を守ると連絡をとり、女の本音あるいは出方を探る

② 警察に出向いて、告訴の事実と、件の警官の存在を確認する

③ 告訴も警官も存在しないのであれば、その証明書を警察からもらう

④ 女に証明書を突きつけ、狂言をやめないと、逆に脅迫罪で告訴すると警告する

 女は、当方からの探りが入ったあたりから、すでに男性のへのコンタクトを絶った。こんなことを企むような悪知恵の働く女だから、やばい助っ人が現れたと直感したのだろう。一方、予測どおり、警察は、告訴の事実も、件の悪徳警官の存在も否定し、無事に証明書を入手することができた。

 一方、件の男性からは脅迫が行われた携帯電話を入手して、すでに消してしまった交信を復元し、脅迫の証拠を固めた。もし、狂言が続くようであれば、逆に退職者に被害届けを出してもらって、告訴する時の準備である。

 本当に件の悪徳警官がいないのかどうか、男性は心配するが、そんなことは問題ではない。警察の責任者が警官の存在を否定したのだから、もしいたとしてもその悪徳警官は、もはや動くことはできない。そして女は、これ以上動けば、警察を敵に回して墓穴を掘ることになる。もちろん、これは、当方のバックに国家警察の本庁の幹部が控えているからこそいえる事なのではあるが。

 こうして、この一件は無事落着した。確かに悪徳警官のニュースは絶えないが、それを装う民間人の狂言の方がはるかに多い。本件についてアドバイスをもらった本庁のカーネル(大佐)は、そんな風に警察を侮辱されたことにたいして憤ると共に、庶民からそんな風にとらえられている警察の現状を嘆く。

 一方、出会い系サイトで、フィリピーナと知り合い、即、カップルができるというのは、男女の出会いの場としてはすぐれものだ。しかし、そこに登録する女の意識としては、ナイトクラブで体を売る女とどれほどの差があるのだろうか。特に、日本人などの外国人と知り合って、面会、即、ベッドインと言うのは、私設売春でしかない(あるいは、昔はやった援助交際)。それで日本人が思うように金をばらまかなければ、いかに金を搾り取るか、悪知恵を働かせることになる。

 フィリピンの事情や法律を知らない日本人ほど彼女らにとって騙しやすいものはない。高校も出ていない二十歳そこそこのフィリピーナに上場企業の現地駐在員が手玉に取られる話は枚挙に暇がない。

 出会い系で知り合ったフィリピーナと致したのは100人を下らないと豪語される方がいたが、そこまでやるといつ命を落とたしても不思議ではない。現に先日{致してもいない、女に、「金を払え、警察にも届けた、大使館に訴えて国外追放にしてやる」と脅しのメールがはいった}と連絡が入って。大使館がそんな訴えを聞くはずはないし、ほっておけばよいとアドバイスしたが、本人は反省しきりだった。

出会い系で知りあった女は身元がわからないから、何かあったとき追及のしようがない。その点、ナイトクラブであった女は、身元はお店が保証するので安心だ。たしかに、出会い系は冒険心をくすぐるが、冒険にリスクはつき物なのだ。

 件の男性は、日本に帰ってから交通事故にあい、入院。そんなこともあって、嫌気がさして、フィリピンに住むことを断念したそうだ。

CIMG1746s-4きれいなバラにはとげがある、という教訓を忘れないように

Leave a comment

Your email address will not be published.