カーネル一家念願の札幌旅行に同行(その5苫小牧観光)2019年2月10日


札幌二日目は苫小牧にアイスホッケーと介護施設の見学にでかけた。アイスホッケーは学生選手権が開催されるというので是非というお勧めだった。介護施設はオーナーがフィリピンから介護士を呼び寄せたいということで顔合わせといったところだ。苫小牧は千歳の少し先の港町だが、40年位前、苫東の石油備蓄基地の計画で、室蘭と並んで名前だけは馴染みのあるところだ。この辺は雪が少なくて工業地帯や空港も出来ているとのことだが、先日、千歳空港が大雪で閉鎖されたとのニュースが流れていた。そんなことになっていたら、年内にフィリピンにもどれないところだった。

アイスホッケーの会場は緒戦ということもあって閑散としていた

アイスホッケーとはなにかも知らないキアンは、そのぶつかり合いで選手がフェンスに激突してくるのを喜んでいた。しかし、トーナメントの緒戦ということで、優勝候補の明治大学と九州の大学の試合で、30対0というような一方的な試合で、ちょっと興味を失しなってしまった。後で聞くとやはり明治大学が優勝したそうだ。

選手のぶつかり合いが迫力があったが観客はほとんどいなくてちょっとさびしかった
アイスホッケーの観戦は私も生まれて初めてで、見所など見当がつかない
アイスホッケーの選手になった気分のキアン

その後、いかにも港町の水産物の販売所とめし屋といったところで食事を取った。店の雰囲気は築地などの場外市場といった感じでムードがある。さらに野菜類もスーパーに比べて大雑把な感じがして好ましい。旅行をするとかならず、市場と称するところを覗いてみるのだが、そこにはまさに市場の雰囲気があった。

水産物はさすが北海道苫小牧だ
野菜もうまそうだ
この蛸の足一本が4000円もするなんて驚きだが、もっとも生きている時は3mくらいあるそうだ
関東ではホッキ貝はほとんど見かけないが、北海道では常食しているらしい

市場に混ざってレストラン、というよりも飯屋がある。いくら丼やうに丼、ホッき丼など、北海道らしい庶民の食事が取れる。問題は、キアンのお好みのエビフライが無かったことだ。しかし、店の人がとなりに聞いてくれて何とかしのぐことができたが、メニューの交換もするというのはいかにも庶民的だ。

おいしそうないくらやうにのどんぶりものが並んでいるが、キアンには猫に小判だ
札幌でビールといえばサッポロビール以外にはありえない

次に向かったのが苫小牧郊外のウトナイ湖、白鳥の渡ってくるということで有名な湖だそうだ。しかしながら湖畔には一羽の鳥もいなくて、案内してくれた方も一体どうなっているのかと首をかしげたいた

まさに看板倒れのウトナイ湖だった
湖一面、一羽の鳥も見あらない。普段なら水際にまで多くの渡り鳥が群れをなしているそうだ
なんとなく白鳥を想わせる雲が広がっていた

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *