カーネル一家念願の札幌旅行に同行(その1出発)2019年1月20日


昨年7月(2018年)、札幌から来客を迎え、皆でドーシットホテルで食事を取った際、客から札幌の話を聞いて、にわかに札幌旅行の話が持ち上がった。フィリピン航空の札幌直行便の運航開始、さらには北海道地震がらみの復興割りなどのニュースもはっぱをかけた。せっかく行くのだから一週間くらいは滞在したい、北海道といえば雪、大通り公園の雪祭りも欠かせない、などと話は盛り上がった。カーネルもまだ見ぬ雪景色に思いを馳せた。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6159.jpg
旅のスタートはNAIA(マニラ空港)、この大量の荷物にクッキーというお荷物を加えて、これから難儀な家族旅行がスタートするのだ 。こんなときでもカーネルは部下からの報告に指示を与えるのに忙しい

まずは、いつ行くのかが問題だが、カーネルはクリスマスあたりしか休暇を取ることができない。キアンの学校もクリスマス前から休みになる。そうなると12月23日の週しかないことになるが、 年末年始は航空券が高いので悩ましいところだ。

札幌直行便はまだないので、韓国あるいは東京経由とするかだが、結論としてはカーネルは日本に行ったことがないというので、東京経由、しかも行きと帰りに一泊して半日程度の東京観光を含めることにした。どこかの国の空港で数時間の乗り換え時間を過ごすよりもその方が私にとっても楽だろうという目論見だった。したがって、往復に4日かけて、札幌滞在はネット5日、合計9日、22日(土)出発、30日(日)帰還の日程を組んだ。

早速航空券を当たってみると、EXPEDIAのサイトで、マニラー成田/羽田ー札幌の往復で一番安いのが一人6万円足らず、5人で28万円程度と、年末にしては意外にもまともな値段だった。しかもLCCではなくてJALという豪華版だ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6171.jpg
NAIA ターミナル1は全面改修がなされ、非常にきれいになっていた。 チェックインを終えて、荷物から解放された キアンは2年ぶり(2017年3月名古屋旅行)の日本旅行の期待に胸を膨らませている

東京見物は、成田と羽田を移動する際の空き時間を利用するので、行きは山手線一周と東京駅/皇居、あるいは原宿/明治神宮、帰りは秋葉原/アメヤ横丁を候補とした。行きも帰りも日曜でしかもアメ横見物はみそかとあって、大混雑が予想され、2歳のクッキー連れでいかがなものかと危惧された。一方、最終日の夜には、ジェーンの念願の”のぶ子さんとの会食”が実現できることになりそうだ。翌朝はスカイライナーの一番列車で成田に向かうので上野駅前のホテルに泊まることにした。

札幌見物は件の客のアドバイスで、札幌に3泊(円山動物園、大倉山ジャンプ競技場、サッポロビール園、もいわ山ロープウエイ、小樽または苫小牧日帰り)、そして定山渓温泉に2泊して、最終日は翌朝、朝の便なので千歳に泊まることにした。

飛行機の中でモニターを見つめくつろぐキアン、さすがJALは機内がきれいで機体も新品だ 。映画のおかげで成田までの4時間、退屈することもなかった

東京は自分の生まれ故郷なのであらかた見当はつくものの、札幌は出張で2~3度行っただけで、観光地など、どこに行ったらいいのか、見当もつかない。私の役割は案内役だから、知らないでは済まされないので、インターネットを駆使して観光案内や地図を集め、一冊のファイルにまでなってしまった。

しかし、いざ旅行が始まると、飛行機の予約表と東京ー成田間の時刻表(行きは成田エクスプレス、帰りは京成スカイライナー)それにホテルの予約票以外は一切見ることは無かった。それでも旅行というものは事前の準備が楽しいもので、始まったら、必死でスケジュールをこなし、あっという間に終わってしまうものだ。しかし、旅行というものはチケットと宿さえ用意しておけば、後は、ぶっつけ本番で何とかなるものだと悟った。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6184.jpg
クッキーは生まれてはじめての海外旅行に普段の里帰りと違うことを認識しているらしい

大量の荷物とクッキーというお荷物を抱えての日本旅行はさぞかし辛いだろう、とクッキーのヤヤ(子守)の同行を提案したのが10月だった。それから1ヶ月ほどして、にわかに現実味を帯びて、まずはヤヤのパスポートを手配することになった。しかし、身分証明書等の書類入手に手間取って、12月に入ってもパスポート発行の目処がたたず、ヤヤの同行の中止宣言をした。

しかし、12月の半ば、出発まで一週間を残すという段階で、パスポートが発行されてしまったのだ。ヤヤにとっては一生にあるかないかのチャンスで、彼女の期待が半端でないことはひしひしと感じる。そこでママ・ジェーンから、日本行きのビザは2~3日でなんとかするから緊急にチケットを手配せよとの号令がかかった。

早速、EXPEDIAのサイトにアクセスしてチケットを探してみたが、同じ日にJALでマニラー札幌を往復する便はあるものの、便が違う。クッキーのお守りをするのに同じ日といえども便が違うのでは意味がない。そこで行き帰りの便を個別に当たってみたが、ジェーン一家が予約した便はすべて満席で、ギブアップ。ママ・ジェーンもヤヤに対して、いい訳ができたので一件落着だ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6186.jpg
成田に到着して最初に出迎えたのが東京デズニーリゾートの大看板。私自身行ったこともないのに、次回の日本訪問ではここに行くことを約束させられてしまった

12月に入って荷物の準備にいそしんでいるジェーンに忠告をした。荷物は最小限にして、大型トランク一個、その他一人につき一つの手荷物とすること。成田ー羽田ー札幌ー羽田ー成田の移動にあたってクッキーを荷物とみなすと、大型の荷物は一個が限界で、指の痛みの持病をもつ私を期待してはならないと。

ジェーンはその指示に大いに反発して大型とランク3個が限界と耳を貸さない。ベッドの上に山のように積まれた衣類を全部持っていく気だ。どっかの有名女優でもあるまいに、毎日服を替えるつもりでいるらしい。それには防寒具まで含まれるからたまったものではない。

前日荷物の重さを調べてみると、それぞれ、20、25、30kgで、調べてみると国際線が25kg、国内線が20kgが限度だ。それぞれを20kgに押さえるように指示したら、量は減らさず、はみ出た分を別のカバンにいれて持っていくことにしたので、総数で10個を越える荷物になってしまった。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN6189.jpg
成田一泊後、翌朝東京へ成田エクスプレスを利用したが、再び大量の荷物に悩まされる。ちなみにトランクは成田空港に預けておいた

この大量の荷物を札幌まで運ぶとなると、旅行というより荷物運搬人になってしまうと危機感をもった私はなんとか荷物を運ばないで住む方法はないかとリサーチした。理想的なのはNAIAでチェックインして、札幌で荷物を受け取ることで、東京の一泊は手荷物で済ますという算段だ。これができれば苦労はしないで済むのだが、チェックインで頼んでみると、同じJALでも成田と羽田で発着空港が違うので不可ということだった。

それがだめだとすると、成田で荷物を受け取ったら、abcなどの宅急便で札幌のホテルにトランクを送ってしまうことだ。成田に到着して、トランク3個を抱えてあっちこっち問い合わせて結果、3~4日かかるとのこと。そんなことをしていては旅行が終わってしまう。これで万事休す、旅行中荷物運搬人になるしかないようだ。

ただせめて帰りは楽をしたいということで、帰りはトランク一個として、二個のトランクは札幌の知り合いに頼んであとからバリクバヤンボックスで送ってもらうということを提案した。旅行も終わりだし、荷物がどんなにか旅行を台無しにするかを身を持って悟ったジェーンはこの時ばかりは素直にうなずいてくれた。当然、荷物運搬人のカーネルの愚痴もあったのだろう。

東京行き成田エクスプレスの指定席でくつろぐキアン。彼も荷物運搬人の一人として重要な役割を果たしたのだ

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *