キアンの公文(=苦悶)はそれでも続けるべきなのか 2017年7月9日 3


キアンが公文に通い始めて2年半が経過して、ようやく二桁の引き算が始まったところで壁にぶつかった。たとえば、34-19=15という計算だが、4から9は引けないので十の位から10を借りてきて14-9=5とし、十の位は30から借りた10を引いて20、さらに20から10を引いて10となり、答えは15となる。文章で書くと長ったらしいが、これを頭の中で一瞬のうちに計算して答えを出さなければならないのだが、キアンは借りてきた10を十の位から引くのを忘れる、というミスを繰り返す。また、キアンを教えていてると14-9=5という計算を10、11、12、13、14と唱えてその数字の数を指で数えて5と解を導き出している。どうも二桁マイナス一桁の計算もマスターしていないようで簡単な計算もミスが多い。

公文で勉強に励むキアン

こんな調子だから、キアンは公文の宿題をやるのが辛くてたまらない。ママ・ジェーンに怒鳴られながらようやく終わった宿題を私に見せると容赦なくバッテンが続いて脇で見ているキアンは悔し涙を流す。マミーがそう教えたと言い訳するが、私が解き方を教えようとすると耳を貸さない。時にキアンは公文の宿題を隠して、そのキアンもどこにおいたのか忘れてしまい、ママ・ジェーンはキアンをどなりちらす。それでキアンが泣きじゃくると、今度は私がママ・ジェーンに小言をいう。公文は正にキアンにとっての苦悶で、こんなものがなければ家中がこんな大騒ぎをしなくても済むのにと、幼心で宿題を隠すという手段に出るのだろう。

妹のクッキーをあやすキアン

毎週火曜と木曜にはドンボスコスクールが終わってから公文に直行するのだが、これだけは何の文句を言わずに喜々として出かけていく。それは、私が学校で出迎えて、車で一緒にサルセド・ビリッジの塾に連れて行くためだからだ。お腹がすいたといってミニストップでアイスクリームやシューマイを買ってやったり、私に甘え放題だ。

車の中では禁止されているスマホでゲームを楽しむキアン

さらに水曜と土曜にピアノのレッスンに私と一緒にいくのものキアンの癒しのひと時だ。先日、ピアノのレッスンの後、ママ・ジェーンのきついお達しもあり、そのまま家に帰ろうとしたら、車の中で30分ほど泣き続けた。「毎週水曜は一緒に外で食事をする約束だったはずだ」と権利を主張してやまない。キアンにとっては私と外で食事をすることが無常の喜びで「家ではマミーがいつも怒鳴るから、外で食事がしたいんだ」と泣き続ける。2歳のころから土曜の昼は外で食事をするのが習慣で5年続いてきたのだから、無理もない。結局その日はママ・ジェーンを説得して、近所のとんかつ屋で夕食を一緒にとった。

ピアノのあとのレストランでの食事を満喫するキアン

食事の直後、土砂降りの雨の中でずぶぬれになった後、疲れ果てて座ったまま居眠りするキアン

しかし、小学2年生の算数の標準的学力とは一体どの程度のものなのだろう、日本の小学生にとって二桁の引き算はいつごろから始めるのだろうか。キアンは二桁の引き算に挑戦し始めてから2~3ヶ月なるが、こんなもんなんだろうか。ママ・ジェーンも数字には滅法弱いから遺伝的に数字に弱いDNAを持っているのだろうか、などと考え始めてしまう。そもそもキアンを公文に通わせたのは普通のフィリピーノの数字の弱さに愕然とさせられるものがあるためで、私の傍で育ったキアンだけはそうなってはほしくないという私の切なる思いからだった。しかし、これほどまでに苦労しているとなると、教育の問題よりもDNAなのか、どんなに苦労したところで徒労なのかと思ってしまう。こんな話も後で笑い話になってくれればいいと思うのだが、私の苦悶はまだまだ続きそうだ。 

2年生になってからはスクールバスで毎朝6時に登校するキアン   


Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

3 thoughts on “キアンの公文(=苦悶)はそれでも続けるべきなのか 2017年7月9日

  • kujira

    計算ができる日本人のルーツは読み書き算盤でしょう。
    日本では仕事をする社会が必要としてきたのですが、フィリピンでも「そろばん」を使わせてみては如何でしょう。
    目的は計算が正しいのかではなく、足し算、引き算の仕組が目で判ることです。ゲーム感覚で覚えるほうが良いような気もします。
    数は将来の管理にも必要ですね。
    諦めの速いフィリピン人、少々の苦悶との格闘は必要でしょうね。笑

  • イマイ

    小2の終わりには九九が始まる、でも英語だと覚えづらいよ・・・
    そもそも公文式は、文章題・図形が含まれていません。
    やはり通信教材なので、一緒に勉強した方が良いと思います。
    計算練習ってモチベーションが大事、嫌々だと身に付かずミスばかり!

    東京だと小4から進学塾なので、小3で入塾テスト・クラス分けがあります。
    ※上のクラスでないと、名門中学は狙えません。(下のクラスは金づる、バイト・新人・ダメ講師)
    入試では、鶴亀算・旅人算など文章題のオンパレード・・・

  • OGU

    こんにちは。記事を興味深く拝見しました。世の多くの母親は、子供の不得手なことに感情的に接します。公文であれ何であれ、宿題を叱る材料にしてはいけないです。しかし、お父様が冷静に見ておられるのは、すばらしい。
    公文式では筆算の引き算はB(小2)教材後半に出てきます。14-9という暗算が完全にできていない子供に34-19という筆算はむずかしいです。14-9を必死で考えて、繰り下がりまで考える余裕がないのです。逆に言えば二けた引く一けたの暗算がすらすらできる子は、筆算もできます。十の位から答えを書く子もいます。
    結論です。公文の指導者に現状をお話しされ、よく相談されること。そしてA教材の引き算教材まで下げて(復習する)いただくことをお勧めします。