退職者ビザの概要


退職者ビザの特典

  • 35歳以上であればほとんど無条件で取得できる。
  • 退職者ビザ保持者は就労できる(ただしAEP、外国人就労許可証の取得が必要)
  • 滞在年数ならびに出入国の制限がなく、ビザの更新も不要(IDカードの更新のみ必要)、一方フィリピン滞在の義務が一切なく、好きなだけフィリピンに滞在できる
  • SRC(再入国許可)、ACR(外国人登録)が不要、出入国が簡単、自由。一旦取得したビザは既得権として無期限に継続できる
  • 追加の定期預金無しで2名までの配偶者ないし21歳未満の未婚の子供の同伴が可能( 同伴の子供は就学できる)
  • トラベルタックスが不要(フィリピンに1年以上続けて滞在していないことが条件)
  • US$7,000までの身の回りの品を無税で輸入できる
  • 恩給並びにに年金による収入には、フィリピンでは税金がかからない
  • ビザをキャンセルすれば定期預金ならびに投資は外貨で本国へ送還できる
退職者ビザ取得の要件
ドル定期預金;  SRRVクラッシック(定期預金の投資が可能)

 50歳以上;                   2万ドル

                         35歳以上50歳未満;            5万ドル

3名以上の同伴家族;        1名に付き15000ドル

年金を受け取る場合はドル定期預金は1万ドルに減額される。ただし、単身で月額800ドル、妻帯で1000ドル以上の年金が必要

SRRVスマイル(定期預金の投資は不可。ただし、終末の入院費埋葬費などに使用可能)                   

35歳以上一律;    2万ドル

3名以上の同伴家族;    1名につき15000ドル

SRRVヒューマンタッチ(介護や療養が必要とされる方)                  

35歳以上一律        1万ドル

介護や療養を必要とし、年金を月々1500ドル以上受け取っていること、健康保険等の医療保険にに加入していること。同伴者は1名のみ。

以上いずれのケースでも 定期預金は海外から送金された外貨で行うことが必要

申請料;               申請者本人;                     1400ドル

                 同伴家族(1名につき);      300ドル

                 (ペソで支払うことも出来る)

年会費       360ドル/年、前払いで支払うこと、同伴者が3名以上の場合は一人につき100ドル追加。