HOME フィリピン案内 フィリピンに暮らす フィリピーノと生きる 特別居住退職者ビザ PASCO 永住ビザサポート
 
 生活
 住宅の取得
 会社設立
 雇用
 PRA認定退職者施設
 ビザの取得
 
 

泊まる・住まう

          

マニラの高級ホテルは一泊150〜200ドル程度で泊まることができますが、40〜50ドル程度で泊まれる中期滞在用の日本人向けホテルやキッチン付きの長期滞在型コンドテルも多数あります。フィリピーノ向けの30ドル程度で泊まれるホテルもありますので、ご予算に合わせて選択してください。

 

日本人に一番人気の五つ星ホテル、ドーシットホテル

 

高級ホテルでは外国人用とローカル用の値段との2本建てとなっています。SRRV保持者はローカルですから、あくまでもローカル値段を適用するようリクエストしてください。場合によっては半分程度で泊まれるそうです。

 

クリークサイドに近いアモーソロマンション、中長期滞在に最適

 

マカティアベニューには一泊1500〜2500ペソ程度の宿が集中している

 

フィリピンにはバックパッカー用の格安ホテルがほとんど見当たりません。格安で泊まる方法としてはモーテルを利用する方法があります。モーテルは普通3時間単位ですが、12時間泊まることもできて、525ペソ(12ドル程度、2007年7月現在、金土日の週末は倍額)という格安の値段になっています。夜チェックインして朝チェックアウトするということで寝ることだけを目的にするならば十分です。一人でも二人でも値段は一緒です。ソゴーというホテルがチェーン展開していますが、赤と黄色のビルで浮世絵の女性の顔をトレードマークにしていて目立つのでわかりやすいでしょう。そのほかにも同程度の価格で営業しているモーテルが下町には多数あります。清潔で広々していて、一泊30〜40ドルの宿に十分匹敵します。 

赤と黄色の外装が目を引くSOGO 

 

SOGOの週末の価格表

 

安値キャンペーン中のモーテル

 

一般のフィリピーノが利用している最安値の宿はベッドスペースと呼ばれている、相部屋のアパートです。部屋一杯に2段ベッドを置いて、寝るためのスペースが確保されているだけです。1500ペソ/月程度が相場です。もちろん日本人にはお勧めできません。

 

 フィリピーノが利用するベッドスペースと呼ばれる宿泊所

 

女性専用のベッドスペースの宣伝

  

コンドミニアム、アパートの相場はワンルームマンションで月々1万ペソ位から高級コンドミニアムの3LDK10万ペソぐらいまで様々です。一般に入居時に敷金2ヶ月と一ヶ月前家賃で、3ヶ月分を支払う必要があります。高級コンドミニアムは一年間の前家賃で、14ヶ月分程度を支払う必要があります。しかも中途退出の返済金はありません。地方に行くとコンドミニアムは少なく、一戸建てかアパートになって5千ペソから2万ペソぐらいでまあまあのものが借りられます。

 

マカティサルセドのコンドミニアム群

 

アヤラ通り沿いの高級コンドミニアムの老舗

 

名門アヤラランド開発の高級コンドミニアム“The Columns”

 

The Columnsの正面

 

ボニファシオにあるアヤラ開発の高級コンドミニアムセレンデラはマーケットマーケットモールのまん前にある 

 

  

マカティのパームタワーコンドミニアムとパラニャケのイリジウムタウンハウス

 

 

郊外の新築一戸建て建売住宅、販売価格は300〜500万円程度

 

フィリピン人はタボ(ひしゃく)で水浴びをします。用便のあともダボで洗います。したがってトイレに紙はないのが普通です。また、お湯を使う習慣がないのでシャワーでお湯は出ないのが普通です。宿泊前に良く確かめてください。

 

なお、チップはマニラで20ペソ、地方で10ペソもやれば十分です。また、駐車の手伝いをする子供には23ペソもやればいいでしょう。

 

 

  

フィリピン人用のホテルだが清潔とセキュリティは十分なWest Makati Inn

 

目次に戻る

 
YOU ARE VISITOR NO.
Content Management by DO-CMS
Designed and Developed by EACOMM Corporation
Banner Photos Courtesy of imagesPHILIPPINES.com
Translation Services by AppliedLanguage.com »» English
   © Copyright Philippine Active Seniors (P.A.S.Co) Co., Inc.. All Rights Reserved.