フィリピンにて


1.入国

6ヶ月以上有効なパスポートと帰りのチケットの提示することにより空港の入管で30日間有効なビザが与えられます。したがって、事前にビザをアレンジする必要はありません。

入国カードは通関書類を兼ねています。入国審査後、入国カードの一部が返却されるので、税関でサインしてもらい、出口で係官に渡してください。その後さらにチェックインした荷物の受取証を調べられるので航空券に貼り付けられた受取証を提示してください。

空港で、当座必要な費用を両替してください。最近は交換レートが良くなりました。また、市中の両替店で簡単に両替できます。円貨での両替もできます。ホテルでの両替は米ドルについてはまあまあなのですが、円は極端にレートが悪くなります。

ホテルまでの足は空港タクシーを利用してください。空港ビルを出ると白のクーポンタクシーあるいは黄色い空港メータータクシー(イエロータクシー)が客待ちをしています。マニラのホテルまで大体200~300ペソ(クーポンタクシーは440ペソあるいは550ペソ)程度でいけます。最近は市中を走っている通常のタクシーも空港内で客待ちをすることが許可されています。

2.PRA訪問

PRAの受付はマカティの中心Citibank Towerの29階にあります(29Fl. Citibank Tower Paceo de Roxas Makati City )。入り口で荷物検査した後。IDカードと交換に入門証を受け取ります。最近、PRAの入居しているCitibank Towerにおいてはドレスコード(服装の規定)が公示され、サンダル、短パン、T-シャツ、袖なしなどの服装では構内に入場できないので、ご注意ください。

3.必要書類の準備

ビザ申請に先立ち、下記の書類を準備する必要があります。

(1)申請書

申込書に必要事項を記入して、事前に送付していただければパスコにて申請書を作成しておきます。

パスコサービス申込書_20160918改定

(2)健康診断書

一般のクリニックで受診してください。一人2500ペソ程度かかります。PRA指定の健診書に必要事項を記入して、持参してください。伝染病、精神病等の診断がなされた場合ビザの発行は許可されません。もし過去に結核等の病歴がある場合、X線写真の履歴をご持参ください。それがないとX線写真に映った影を判定するために、余計なテストと時間が必要となります。

なお、PRAに事前にビザ申請料を支払って事前申請すると健康診断をPRA指定のクリニックで無料で受けるとができるので、パスコが案内します。

(3)定期預金証明書

銀行に行ってあらかじめ送金したドルで定期預金を作成し、日本からの送金依頼票とともにPRAに提出します。日本からDBPのPRA口座に直接送金した場合は、海外送金依頼書をPRAに提出するだけで結構です。なお。PRAはDBPから預金証書を入手してからでないとビザ発行の手続きを開始できないので、申請に先立って3週間前くらいに送金しておく必要があります。事前に送金依頼書を送付していただければパスコで入金を確認しておきます。

(4)無犯罪証明書

無犯罪証明書を日本で認証することが難しい場合、フィリピンで認証することができます。しかし、認証には最低1週間程度の時間が必要なので、事前にパスコに送付して、代行して認証することができます。

(5)写真

パスポートサイズの写真を12枚準備ください。写真は背景を白とし、証明写真ボックスで撮影したもので結構です。PRAの案内等には2x2(2インチx2インチ、5cmx5cm)となっていますが、サイズは厳密ではありません。

(6)婚姻証明書及び出生証明書(同伴者)

日本で、戸籍謄本を翻訳認証してこなかった場合、在比日本大使館を訪問し、日本から持参した戸籍謄本並びにパスポートを提出し、証明書の発行を依頼してください。翌日の午後に入手できます。 またさらに本婚姻証明書と出生証明書はフィリピン外務省に持っていて認証(Authenticate)してもらう必要があります。これには2日かかります。無犯罪証明書と同様、パスコに事前に送付していただければ、来比までに準備しておきます。

(7)年金証書

日本で、年金証書を翻訳認証してこなかった場合、翻訳して、日本大使館の認証とフィリピン外務省の認証をもらいます。パスコに事前に送付していただければ、来比までに準備しておきます。ただし、年金機構以外の年金、共済年金等の証書は日本大使館で認証してもらえません。その場合、日本で公証して外務省とフィリピン大使館の認証を受けてくる必要があります。

(8)BIクリアランス

入管においてビザの手続をする際に必要となる入管のブラックリストに載っていないという証明書です。最近、SRRV申請に先立って直接入管から取得してPRAに提出するよう求められています。パスコが代行して取得します。

(9)NBIクリアランス

申請前に一ヶ月以上フィリピンに滞在していた場合、NBIクリアランス(国家捜査局の無犯罪証明書)の提出が必要です。

(10) その他

以前、9g、9dなどのワーキングビザを保有していた場合、事前に9aに切り替え(ダウングレーディング)ておく必要があり、その関連の書類を提出する必要があります。詳細は別途お問い合わせください。

4.ビザの申請

すべての書類が整ったら、PRAでビザの申請をします。ビザ発行には土日を除いて15~20営業日程度かかります。 また、申請料として1,400米ドル、家族を同伴する場合はさらに1名につき300米ドルを現金で支払います。円、トラベラーズチェック等は受け付けない ので、必ず米ドルペソの現金を用意してください。なお、年会費360ドルは前払いなので申請と同時に支払う必要があります。

なお、ご家族を後から呼び寄せることも可能です。手続きはまったく同じです。2名以内の同伴家族に付いては追加の定期預金は必要ありません。

5.SRRVの発行

原則として申請15~20営業日でビザが発行されますが、それ以上かかることもあります。ビザの発行と同時にメ ンバーカード(ID)が発行されます。また、フィリピン在住中にメンバーとしての守らなければならないかんたんな規則について遵守することを宣誓していた だきます。そのため必ずご本人がPRAを訪問する必要があります。何らかの事情でビザの発行が入国ビザの期限内(30日)で発行されない場合、事前に入国 ビザを延長しておく必要があります。パスコではBIクリアランスの取得を兼ねて事前に延長します。

6.銀行口座

ビザの発行後、口座開設の資格が出来ます。パスポートとPRA発行のIDを提示してください。ただし、フィリピンの住所とその証拠を求められるので、必ずしもビザを取得したからといって即口座開設が可能になるわけではありません。

DBP以外の認定銀行の開設した定期預金は夫婦共有名義にすることができます。ただし、両者がSRRVのメンバーであるか、あるいは配偶者がフィリピン国籍であることが条件となります。ビザ取得後PRAに申し込んで許可をもらってから、手続きしてください。

7.住宅取得準備等

ビザ発行を待っている間は、パスポートを預けているために帰国できません。そのためこの間、英会話学校に通う、ビザ取得後滞在すべき住居調査する、あるいは観光に出かけることをお勧めします。マニラ周辺に限らず、バギオ、スービック、クラーク、セブ、ダバオ、等地方都市にも観光施設が多数あります。

フィリピン国内旅行にお出かけの際は忘れずにパスポートのコピーにビザ申請中という証明をPRAからもらってご持参下さい。

8.出国

出国にあたって空港使用料、550ペソを支払わなければならないので、その分ペソを用意しておいてください(現在航空券代金に含まれています)。