特別居住退職者ビザ (SRRV)


35歳以上のすべての外国人を対象に発給される永住ビザで、一旦取得すると、延長、再入国許可等の手続きも不要で世界でもまれな優遇されたビザです。

2011年5月5日にルールが改正され、主に、従来のルールを改定したSRRVクラシックと新ルールのSRRVスマイルの2本立てとなりました。クラシックでは年令に応じて2万ドル(50歳以上、年金申請では1万ドル)ないし5万ドル(35歳以上50歳未満)の預託金が必要ですが、住宅の取得等の投資に使用する事ができます。スマイルは35歳以上一律2万ドルで投資への転用はできません。どちらの場合は年会費360ドルを前払いで支払う必要があります。また、どちらのケースでも。ビザをキャンセルした場合は、外貨で本国へ持ち帰る事が保証されています。

手続きも簡単で申請から15~20日営業日(3~4週間)程度で発行されます。

現在、全体で約1万4千人の外国人が本ビザを保有しています(申請者本人、同伴者を除く)。日本人は約1900人です。ビザ保有の目的は、もちろん第一にフィリピンに永住すること、その他に冬の間だけ寒い日本を逃れてフィリピンに在住する方もいます。また、奥さんがフィリピンに住んでおり、頻繁にフィリピンに訪れるために本ビザを所有している方もいます。

通常、日本出国時、往復のチケットを持っていなければなりませんが、本ビザを持っているとフィリピンでチケットを買って、日本からは片道切符でフィリピンに入国することができます。フィリピンでは日本のディスカウントチケット並みの値段で半年あるいは1年有効のノーマルチケットが買えるので大変経済的です。

CIMG8212sフィリピンにようこそ、マブハイ